【ながら聴き読書】方法を徹底解説!育児中こそ読書をしよう

LIFE

家事やお仕事、子育てを毎日頑張っていると、自分の時間ってなかなか持てないですよね?

けい
けい

私が子育てを始めて1番感じたことは、手は塞がっているけど、暇な時間が多いことかな。

わかる!深夜の授乳とか、食器洗いをしてる時とか・・・ボーッとしたり、仕方がなくテレビを見たりしてるよ。

実は、この勿体ない時間・・・あるツールやコンテンツ使うことで読書ができるんです!

私は、今回紹介するツールやコンテンツを使用して育児と仕事の合間に平均5冊/週の本が読めています

今回は、そのノウハウをご紹介します。

家事の合間にながら聴き読書

今回ご紹介する読書法はながら聴き読書です!

YouTubeなどの動画コンテンツや、VoicyやPodcastといった音声コンテンツが急増している現在、育児や家事の合間に活用しているママさんも多いはず!

そんな動画コンテンツや音声コンテンツ同様、本もながら聴きができます

そしてお子さんと一緒のときや、家族と過ごしているときにも安心して楽しめる方法があります。

今回は忙しいママさんへ、ながら聴き読書の方法やツールをご紹介します。

ながら聴き読書の方法

まず実際に私も行っている、ながら聴き読書の方法をご紹介します。

iPhoneの読み上げコンテンツとkindleを使ってながら聴き読書

私は電子書籍を、iPhoneの読み上げコンテンツに読み上げてもらっています

この機能は、Webページ上の文字も読み込み可能なのでブログやニュース記事も音声で読み上げてもらえて便利です!

読み上げコンテンツの使い方

読み上げコンテンツはiPhone・iPadで利用できます!

①iPhoneの設定から「アクセシビリティ」を選択

②「読み上げコンテンツ」を選択

③「画面の読み上げ」機能・「読み上げコントローラー」をオン

読み上げる速度は「読み上げ速度」で調整(うさぎマークに近いほど速い)できます。

「画面コントローラー」機能をオンにすると、画面上に矢印型のアイコンが表示されるので選択すると、再生ボタンが出現します。

読み上げてもらいたいページ上で、再生ボタンをタップすると音声による読み上げが始まります!

【ながら聴き読書】オススメの電子書籍コンテンツのまとめ

次に、オススメの電子書籍コンテンツをいくつかご紹介します♪

まずは、Amazon Prime Readingをご紹介します。

Amazon Prime Reading

「Prime Reading」は、Amazon Primeの特典のひとつで、Prime会員であれば追加課金なしで電子書籍を読むことできます

サブスクと聞くとAmazon Primeを思い浮かべる人も多いのでは?

知らない方もいるかも知れませんので、主要特典をのせておきます。

\Amazon Primeの主要特典はコチラ/

  • 2000円以下のお買い物も送料無料・お急ぎ便無料
  • 「Prime限定価格」商品が10%割引
  • 「Prime Video」映画やドラマ、アニメが見放題
  • 「Prime Music」音楽が聴き放題
  • 「Prime Reading」本が読み放題

上記の特典も含め、計15ほどのサービスを月額500円(年額4900円)で利用できます。

けい
けい

始めてみた時は、「この本が読み放題で読めるの!?」と衝撃を受けたよ!

「Prime Reading」の特徴①書籍数

「Prime Reading」では、約1000冊の書籍が読み放題です。

小説・ビジネス・マンガ・趣味・児童書・雑誌・洋書など様々なジャンルがありますが、特に更新頻度の高い雑誌の種類は豊富です。

なお、都度更新されているので内容が変わることがあります。

チェックしたい本があれば、すぐに読むことをオススメします。

「Prime Reading」の特徴②ダウンロードは10冊まで

読み放題の本は、10冊までダウンロードが可能です。

ライブラリに登録された本が10冊を超えると、新しくダウンロードできません。

ライブラリに登録した本を削除して10冊以下に戻せば、再度ダウンロード可能です!

Kindle Unlimited

「Kindle Unlimited」も電子書籍が読み放題のサービスです。

こちらは、Prime会員でなくてもAmazon会員であれば誰でも加入可能です。

次に「Prime Reading」との比較をあげながら、「Kindle Unlimited」の特徴を紹介します。

「Prime Reading」との比較①月額料金がかかる

「Kindle Unlimited」は、月額980円支払うことで利用できます。

Prime会員の方が「Kindle Unlimited」に加入する場合は、Prime料金500円+「Kindle Unlimited」料金980円の月額料金が発生します

「Prime Reading」との比較②書籍数

「Kindle Unlimited」で読み放題の書籍数はなんと150万冊

これは「Prime Reading」と大きな違いですね。また写真集なども読み放題の対象です。

「Prime Reading」との比較③ダウンロードは10冊まで

一度にダウンロードできる数は、10冊という点は「Kindle Unlimited」も「Prime Reading」もどちらも同じです。

読んだ本から削除して、10冊以下に戻すことで新しくダウンロードが可能です。

まずは「Prime Reading」からチャレンジしてみて

  • Prime Readingでは物足りない
  • 1ヶ月に何冊も本を読む

という人は「Kindle Unlimited」を検討しても良いかもしれませんね

AmazonのオーディオブックAudible(オーディブル)

「Audible」はプロのナレーターが朗読した本をアプリで聴けるサービスです!

月額1500円で40万冊の本が読み放題・聴き放題です。

もちろんオフラインでも聴けます。

プロのナレーターが朗読するので、iPhoneの「読み上げコンテンツ機能ではあんまり聞き取れない・・・」という方にはオススメです

無料キャンペーンを活用しよう!

「Kindle Unlimited」、「Audible」ともに、1ヶ月無料の体験キャンペーンが実施されています。(2020年8月現在)

もちろん無料体験中も、本は読み放題です!

是非気になる方は、無料体験を存分に活用できると良いですね!

【ながら聴き読書】Kindle Unlimitedの使用感

ここまで、ながら聴き読書のコンテンツをご紹介しました。

私は、Kindle UnlimitedをiPhoneの読み上げコンテンツを使用してながら聴きしています。

利用して感じたメリットは、

  • 見る・聴く読書ができる
  • 様々なジャンルの本が読み放題なので、購入では読まないような本にも出会える

逆にデメリットだと感じたことは、

新刊は読むことができない

新刊をメインに読む・購入するという方には向いていないかもしれません。

私のように、気になる本を読みたい!という方には、向いているサービスだと思います。

無料体験が用意されているので、ラインナップを確認して利用してみて下さいね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は子育て中だって本を読む時間はたくさんある!をテーマに、ながら聴き読書の方法やながら聴きをする為のコンテンツ・ツールをご紹介しました。

子育て中だって、勉強や息抜きをしたいですよね(^_^)

是非、本を読みたい!と困っている人、思っている人は参考にされてみてください。

面白い!役立ちそう!と思われた人は、シェアしてみて下さいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました